オーダーの取り方

のぼり製作のヒント のぼり旗の印刷サービスを行う業者では、オーダーの取り方にも工夫しています。

まず、のぼり旗の注文に慣れている場合には、自前で必要となるデータを用意することになります。
大判プリンターで印刷するために、必要となる文字や画像などのデータを用意して
レイアウト加工することになります。

レイアウトを考える

製作したいのぼりの内容にこだわりがあったり、使いたいイラストなどがあって
デザイナーがいる、もしくはデザインを扱える人がいる場合は、自作ののぼりデザインを
業者に送れば、最短での製作が可能となります。

一方で、注文に慣れていない初心者の場合でも、簡単にオーダーできるように
テンプレートを多数用意しています。

様々なパターンを用意して、その中からイメージに合うものを選ぶスタイルとなります。
そこに必要となる文字や画像を取り入れることによって、よりイメージに近いのぼりが製作できるように
簡易のぼり旗の印刷サービスを行う業者ではオーダーの取り方にも工夫しています。のぼり旗の有効な使い方を知っていますか。

また、のぼり旗はサイズの大きさによってもカラーバランスを変えるなどの修正加工が必要となります。
そのために出来上がりのイメージを伝えるアドバイスも行われています。

カラーバランス

宣伝効果の高い品質での印刷となるように、初心者でも分かりやすくサポートしていることにより、
多くの需要を生み出すものとなっています。

のぼりの製作に関して疑問点などがある場合は、細かいことでも遠慮せずに聞いてみると良いでしょう。
専門家のアドバイスを受けることによって、より効果の高いのぼり旗の製作が期待できます。

 

配色に自然界の法則を取り入れる!ナチュラル・ハーモニーとコンプレックス・ハーモニーの配色の考え方

のぼりをデザインする際のカラーバランスを整える場合、考慮したほうが良いのがナチュラル・ハーモニーという考え方です。
これは自然界に存在するものが持つ色の特徴に着目したもので、自然界の法則にそのまま従ったカラーハーモニーの作り方です。

自然の中では明るいカラーをもつものは黄色に近い色合いを自然に持っていますが、ナチュラル・ハーモニーはこうした法則に基づいて色の組み合わせを決定しています。
明るい赤や明るい緑などのカラーも黄色に近い色にすることで、より自然な雰囲気にすることができます。

その反対に暗い色のものは青紫色に近い色合いにするのがこの法則のもう一つのルールです。
こうした方法も、自然の色の状態にもとづいて決定されています。
これとは反対の方法で色の組み合わせを決めるのがコンプレックス・ハーモニーという考え方で、これは明るい色を自然の状態とは反対に、青紫の色合いに近づける方法です。

その逆に暗い色のものは黄色に近づけることによって、自然な状態とはまったく逆の印象を与えることができます。
のぼりのデザインにこの考え方を応用すれば、自然なイメージのものを作りたいと考えた場合には前者のルールを採用するのが適当な方法です。

人目を引きやすい奇抜なデザインのものを作るときには、後者のルールを採用することで、注目されやすい個性的なのぼりを作製することができます。